2008年04月21日

直感とだし

e065be05.jpg ビジョンクリエイトクラスのCさんのビジョン実現に向けて客観的な意見を求められてメンバーのSさんとMさんとともにCさん宅を訪れた。Cさんは自宅である事業を始めようとしているのだ・・・

 1時に集まって気がついたら5時を過ぎていた。仲間のビジョンについてみんなが真剣に考える。答えはCさんの中にあるのだがともに考えるその空気でCさんの心のおくから何かが押し上げられ言葉にでてくる。

 SさんがNHKプロフェッショナルの流儀で見た棋士・羽生善治さんの『直感』の話をしてくれた。勝負の世界で数々の経験を経た羽生さんは積み重ねた経験から培った『直感』を活かして勝負することを心がけているという。

 『直感』というと何か偶然幸運にもひらめいたことのような印象を受けるが、失敗も成功もとにかく経験すべてが直感を培っていると捕らえる考え方に全員が納得しました。

 直感が冴えるとはいいだしがでている状態かもしれない。味に深みがある奥行きがある、すべての経験は直感力をつけるためのレッスンであらゆる経験は極上の味を出すための「だし」かもしれない。

 

hana_midori at 00:04│Comments(0)TrackBack(0)コーチング 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔