日々の日記

2014年03月15日

靴の記念日

488b7b52.jpg 愛用している風水手帳によれば、3月15日は「靴の記念日」だそうです。

靴は運のいい場所へ導いてくれるアイテムだそうでこの機会に靴を見直してあたらしい縁への第一歩を踏み出しましょう。ということで・・・

 この冬一回も履かなかったブーツ二足を含む6足にお礼を伝えお別れしました。いままでいろんなとこへ導いてくれてありがとう!

 「その代わりに軽やかな靴を買い足すのもいいですね、お勧めはオープントゥやバックストラップタイプの靴、メッシュ素材の靴も風が抜けるので今年向けです。」と手帳に書いてあったのにぴったりのものを見つけ買い求めました。

 「運命思考」なのでこういうことには素直に従います、これで軽やかにスキップする春が迎えられそうです。



 

hana_midori at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月11日

日産ギャラリー閉鎖に思う

 日産ギャラリー名古屋が5月6日を持って閉鎖されました。地下街の鏡とも言えるセンターのスペースに、あって当たり前の存在感で何十年も君臨していた日産ギャラリーがなくなるとは思ってもみなかったのでさみしい気持ちが少しあります。

 ミスフェアレディが華々しく選ばれて脚光を浴びた時代も遠い昔になってしまったのでしょうか。

 日産ギャラリーの後はdocomoのショールームになるそうです。クルマからケータイへ、日産ギャラリーができたときは想像もできなかった変化、10年後20年後に栄地下の一等地には何が舞い降りているのでしょうか・・・

 予測したいことはそこが何であっても待ち合わせしている人が笑顔でたくさん往来していることですね。 

 

hana_midori at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月08日

つながっているようでつながっていないSuica

 数年つかっていたSUICAをなくしたので5日に渋谷で新しいのを購入しました。そのSuicaを6日ベルギービールを飲んでいい気分で帰宅しようと地下鉄でピッとすると使えないのです。

 駅員さんに調べてもらうと5日に東京メトロで乗ったきり降りてないというのです。思い返すこと数分、池袋から乗って東京駅で降りたとき、バギーを携えた二家族が前にいてどどどーっと改札を一緒に出たような気がしてきました。

 そして東京メトロでリセットしないと使えないそうで、えーーーー!そんな、つながっているようでつながっていないの?カードに怒!今月は東京へ行く予定もないし、Suica受難であります。

 乗ったけど降りていない・・・駅員さんの表現に反応して、降りなかった私はどこへ行ったのだろう・・・パラレルワールド!?しかたないのでこの妄想を膨らませて楽しみます。

hana_midori at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月21日

有名と無名

 石屋製菓「白い恋人」をまねした大阪の「面白い恋人」の記事を新聞でみてなぜか父のエピソードを思いだした。

 両親と一緒に横浜に住んでいたころ(25年前)、まだ固定電話しかない頃のこと。間違い電話がかかってきて父が出ました。

相手「−−−−−−−−−−−?」
父 「先生?」
相手「−−−−−−−−−−−?」
父「違います」
相手「−−−−−−−−−−−?」
父「いや、無名です」

そばで聞いていた私、何が「無名」なんだろうと思って切った後相手のセリフを聞くと以下のようになった。

相手「横山先生のお宅ですか?」
父「「先生?」
相手「○○大学の横山ただし先生ですか?」
父「違います、横山ただしですが」
相手「有名な横山ただし先生じゃないんですか?」
父 「いや、無名です」

父と同姓同名の高名な大学教授がいて間違ってかかってきたようでした。父のその対応がおかしくて今でも覚えている私の中では貴重なエピソードです。




hana_midori at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月12日

最近気になる映画

まず見たい映画『塀の中のジュリアスシーザー』http://heinonakano-c.com/

まだ見てないの『レ・ミゼラブル』舞台のおかげで全曲しってるのに・・・

見過ごしたカミュの『最初の人間』京都まで行こうか・・・

気合い入れて行きます、1と2で5時間、平田オリザ主宰劇団青年団のドキュメンタリー『演劇1』と『演劇2』

友人の感想聞いて見る気になってる『ライフ・オブ・パイ』

気を許しているとすぐ終わっちゃうので、スケジューリングしなくちゃですね。


hana_midori at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月07日

鹿のおかげでパワーチャージアップ

4cc95de9.jpg 宮島(厳島)でのエネルギーチャージが十分すぎるくらいできたのはいたるところにいた鹿たちのおかげです。

 島に渡るまでこんなに普通に鹿がいるとは知らずびっくりしました。雄は角を切られているのでパッと目に雄雌がわからないのはどの子も穏やかで人なつっこいいい子たちででした。

 厳島神社の周辺にもいるわ、ケーブルカーで500M近くあがった弥山の頂上
にもいるわ島の一番の住人(住鹿)なのです。聞けば宮島が島になった時6000年前から鹿ちゃんはいるそうです。

 鹿は神のお遣いなのでしょうか、前日降った雨を含んだ木々から水蒸気が蒸発している様子をみて木々が息づいていることを実感しました。人より先にそこに居た動植物に人間のほうが同居させていただいているんですね、ほんとは。

 島での二日間もし鹿がいなかったら全然違うものになっていたと思うほどいてくれてよかったかわいい癒しの鹿ちゃんでした、ありがとう。

写真:子鹿ちゃん、まだ毛が生えそろっていないくてふわふわしてました。

hana_midori at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月28日

ドリカムワンダーランドのドーム、近隣住人のつぶやき

8cecb10c.jpg 今日明日ドームはドリカムのコンサートです。コンサートのある日はどのアーティストもすごいが今回のドリカムはすごかったです。

2日前から大型トラックが何十台も機材を運び込み準備、グッズ販売のテントの数も今まできたアーティストの比じゃない。朝の散歩でドームを回りながら観察チェック、ハナもテントの中に鼻をつっこんでのぞいていました。

今日コンサートを見たHちゃんが終演後うちに寄ってくれて感動をおすそ分けしてくれました。美和さんは休憩もなく3時間歌いっぱなし、その声量とエネルギーはすごいそうです。ほんとうに大物のアーティスト、歌うために歌で愛を伝えるために生まれてきた天使なんだね、とHちゃんと話しました。

ファン投票1位の歌は「何度でも」だったそうで、『10000回だめでへとへとになっても1001回目は何か変わるかもしれない・・・』このフレーズはほんとうにいいですね、好きです。

 歌うために生まれてきた、彼女みたいにわかりやすくないけれど何のために生まれてきたか かならずあるその答えをドームに集った人たちが見つけるといいな〜

写真:テクテクあるくハナ

hana_midori at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月07日

親子丼ラブ

dc25f41a.jpg お昼をご一緒してからセッションしましょうと言ってくださるお客様Oさんとタワーズの13階五鐵という親子丼のお店に行きました。

 恵那鶏の親子丼というのをいただきました。とろとろの卵と鶏が絡み合っているその上にもう一個生卵がのっている贅沢さ、食べながらOL時代昼休みに同期と4人タクシーに乗り込み「玉ひで」へ行ったことを思い出していました。

 五鐵とはどんな意味なんだろうと考えているとOさんが「オーナーは池波正太郎好きですね」、どうやら鬼平が愛した軍鶏鍋屋さんの名前だそうなのです。

 なるほど、Oさんからは本当にいろんなことを教えていただいている、もう4年近くセッションさせていただいているが知れば知るほど魅力的な人間味あふれるお人柄に尊敬度が増してくる。

 親子丼を食べ終え店をでると、なんとこの店は玉ひで7代目当主がプロデュースしていると書いてある、やっぱり!私が玉ひでを思い出すのも当然だったのだ。長く生きていると昔と今がつながって面白い。

 ふとレストラン街を見回すと今日は木曜日なのに込み合い、しかも日曜日のような夫婦連れやカジュアルな男性が目立つ。もしかしてみんなトヨタ系の方???

 そうかもしれない、こう混んでいてはね、と8月のお約束は火曜日にしたのでした。でも気が付けば8月は夏休み・・・別の意味で混んでいますよね。

 

hana_midori at 16:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年07月04日

修行が足りません

62309283.jpg 上が70台80に行くとホッとして母の血圧に一喜一憂している毎日でしたが昨日の夕食時なんと上が101に表示され看護師さんと小躍りしました。

 「おばあちゃん、おめでとう!」どうりで今日は顔色がよく、私が持っていった温室みかんとスイカを自分から食べると積極的。ベッドに座っての食事もすぐ疲れてちょっと口にすると横になりたがるのだが昨日は7割がた食べることができた。

 自分の身体のことは、38才で大病したときからだいたいのことは受け入れられるようになった。友人に言わせると私は自分のことは大胆なのに他人のことには心配性、特に母やハナのことには過敏だという。

 101の血圧に急に気分がよくなって、岐路スタバに寄る。母のことなのに自分にご褒美があげたくなりチョコバナナパイを注文。人影まばらな日曜の夜8時、穏やかなコーヒータイムを過ごした。

 そして母の状態で感情が波立つ自分、まだまだ修行が足りないなと感じると共に、
未来の自分をもっと見守って欲しくて、がんばっている自分を母にほめて欲しくて生きていて欲しいと思うのかもしれないと気付いたのでした。

写真:うしろ足がジゼルのようです

追伸:アンナミラーズのバナナパイが食べたくなりました。



hana_midori at 11:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年06月11日

歴史は繰り返される?〜お顔がきれいVS.きれいなお嬢さん

a9d7b06e.jpg 今日は新幹線で来てくださるお客様とのセッションでした。今日で93回目、月2回の実施なので4年近くのお付き合い。ありがたい限りです。

 終了後、ランチをご一緒して地下街を歩き別れ際話が止まらず立ち話しているとどこからともなく老婦人が近づいてきて私の顔を覗き込み「まあ〜、きれいなお嬢さん」とそれだけ言い残し風のように去っていきました。

 私はとっさに「おばさんなんですけど・・・」と合いの手を入れたのですがすでに彼女の姿は何メートルも先へ。残された私たちは目を丸くしながらも、その前の話題にもどり話を終えて別れました。

 数分私はそこに佇み、今の現象?はなんだったんだろうと考えました。するとふと34年前のある光景が浮かびました。

 当時大学1年だった私、我が家は名古屋の会社をオイルショック後自己都合で辞めた父が東京の親戚の会社に入ったばかりでその会社が用意してくれた乃木坂のホテル(確か秀和レジデンス)に一人住まい、私は大学の寮、母が名古屋という三重生活でした。

 ある朝、時々上京してくる母と私と父と3人でそのホテルの1階のガラス張りのコーヒーハウスで食事をしていると、近くの小学校へ登校する男の子が通りかかりました。

 そして男の子はガラス越しに何か言いました。「な〜に?」と、3人で聞き返すとゆっくり口を大きく開けて「お顔がき・れ・い」と母をみて言うのです。何を言っているかわかった瞬間3人で爆笑しました。小学生にあえてきれいといってもらえるような
母かどうか家族が一番知っているので今のはなんだったのかしらね。と3人で首をかしげるもわかりません。あのころよくその話題が我が家ではのぼりました。

 そのときと同じ感じの今日の出来事、計算してみるとあのときの母の歳と今の私がちょうど同い年なのです。

そうか、私もあのころの母と同じ年齢になったのだと教えてくれたのか!あのときからの34年とこれからの34年を同時に見つめる機会をもちなさいということかもしれない。

 そうであれば34年前男の子が母にお顔がきれいと言ったのは34年後私がそれを思い出しこれからの生き方を考えるためだったのかもしれない。

 今度ホームに行ったら母に話してみよう、なんだかわくわくしてきた。父も面白がって向こうで話題にしているかも!

写真:映画「インヴィクタス負けざるもの」を見るハナ

hana_midori at 01:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年06月03日

我が家の生活安全課さん

63e27792.jpg 友人のAちゃんが泊まりに来てくれて、家の中の不具合になっていたことをいろいろ直してくれました。

 我が家の生活安全課の課長さんのような存在です。いろんな人に支えられて生き延びています、ありがとうございます。

 

hana_midori at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月05日

ふたりの世界

3ba46471.jpg GW母がホームから帰ってきて、ごきげんのハナ。私とふたりだと家の中のどこへ行くのもついて歩いてトイレの前でも待っている有様。

 母がいるとこんな状態、7日までべったりしてね。

hana_midori at 21:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年02月05日

母の味

 天丼が食べたくなってスーパーでてんぷら(えびと野菜のかき揚げ)を買ってきました。

 ほかのことを考えながら天つゆを作ってたら、煮えたぎるなべの中にてんぷらを入れてしまいました。まいっかと思いてんぷらを煮てどんぶりのご飯の上にのせました。

 一口食べたら、これ母がてんぷらが残った次の日にお弁当にしてくれたあの味だ!泣けてきました。

 高校時代は3年間毎日お弁当を作ってくれた母、あの味だけどやっぱり母のてんぷら煮のほうが何倍もおいしいです。

天丼だったら味わえなかった母の味、間違えてよかったです。

hana_midori at 19:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年01月04日

ハナを取り上げてくれてありがとうございました

0b5b06ef.jpg 6年半前、子犬が生まれたからどう?と友人から電話がきました。ちょうど別の友人が犬を飼いたいといっていたのを思い出し私は付き添いでNさんのお宅に子犬を見に行きました。かわいい子犬が4匹いました。

 結局友人はマンションで犬が飼えないという理由であきらめたのですが、付き添いの私がハナを一目見た瞬間、魅せられてしまいもらうことになりました。

 ハナのおかあさんグーとおばあちゃんサウザーはそのお宅で一緒に飼われていて飼い主のNさんに始めてお会いしました。Nさんはとても華やかなで犬のみならず人を包み込む大きさとエネルギーを感じさせる素敵なご婦人でした。

 そのNさんが昨日亡くなられ、今お通夜に行ってきました。70歳くらいだろうと思っていたNさんは享年85歳でした。棺の中のNさんは美しく真紅のドレスが似合っていて、お顔をみても70歳としか思えません。

 忙しがってハナをつれてお訪ねすることもせず、この日を迎えてしまってごめんなさいとお詫びし、ハナをグーちゃんから取り上げてくれてほんとうにありがとうございしましたと伝えました。

 いまやハナは私と母の生きがいになっています。一言もしゃべらないのにその存在感は偉大です。Nさんがいなかったらハナに会えていない・・・そう思うとほんとうに感謝でいっぱいです。天国でサウザーやNさんの取り上げたわんちゃんたちにかこまれてNさんの笑い声が聞こえるようです。

 Nさん、本当にありがとうございました。安らかにお休みください。サウザーによろしく!



hana_midori at 22:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

親子水入らずの4日間

f38c29de.jpg 母の里帰りの4日間はあっという間に過ぎ、明日はホームに帰る日です。今夜はたっぷり下味に漬けた鶏のから揚げをつくりました。にんにく利かせすぎて自分でもくさいです。

 明日はおばあちゃんホームに帰っちゃうよといったせいかいつもはもう私のベッドに先に入っているハナが母と一緒に寝ています。

 今度はお盆に帰ってきてもいい?と聞くので、5月の連休に帰ってくれば!と提案するとうれしそうにしていました。

 3月にアメリカの姉がくるというとホームにきてくれたら回転すしにいきましょうとまるで回転すしは母の接待場所ようになっています。

 老人ホームに入ったらもうあとは死ぬだけと思っていたけどそうじゃなかったと言う母。平均年齢が90歳のホームの方々に刺激していただいてますます長生きしてほしいものです。

 母がホームに抱いていたイメージと実際がちがっていたように私たちが何かに抱いてるイメージは案外はずれるもの。触れてみなければこの目で見てみなければやってみなければ実態を知ることはできません。

 今年はどんなギャップと出会えるのか、抱いていたものと実態のギャップがあるほど面白いというもの。ギャップを楽しむ1年の始まりです♪

写真:にんいく入れすぎた唐揚げ、もち菜の残りを使った青菜炒め、キングサーモン、ブルーチーズ

hana_midori at 00:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年01月01日

あけましておめでとうございます~2011年元旦

0f55d90c.jpg みなさま、明けましておめでとうございます!

 今日は天気予報では雪とも言われていたのに元旦にふさわしい晴れでとてもすがすがしい気持ちで一年をスタートしました。

 母はデパートで注文したおせちと北海道のいとこから届いたキングサーモン・ロースハムに私の作ったお雑煮をおいしいおいしいと言って食べてくれました。

 お餅いくつ?ときくと「二つ」、私は一つなのに・・・おせちのえびにもかぶりついておりました。

 ハナは上野天満宮から千種公園を回った長距離の散歩にくたびれたのか母の膝枕でうとうとしています。

 私はBSでやっていたロンドン→パリ→インスブルック→ベネチアのオリエント急行を見ながら2012にロンドンに行くときこの28時間の最高級の鉄道のルートを入れるアイディアはどうだろうなどと妄想を膨らませました。もちろんロンドン行きもまだ妄想段階ですが。

 妄想つながりで年末に塾の先輩からいただいたノートカレンダーを未来手帳にすることにしました。会社名を探しても裏表紙にごくごく小さなロゴで記載されているくらいでとってもセンスがよく手触りも抜群、未来手帳にぴったり!

 今夜はこの手帳にいろいろ書き込みたいと思います。



hana_midori at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月31日

大晦日~肉食系母帰宅

3cf42f6d.jpg ホームに母を迎えに行くとすでにコートを着込んで待ち構えていました。お正月をホームで迎えられる方も多く、母は「すぐ帰ってきますからね」と一人ひとりに挨拶しうれしそうに車に乗り込みました。

 「ホームの食事はお肉がでないでしょ、お隣のTさんと新聞のチラシみてこんなお肉焼いて食べたいねって話してたのよ、鶏の照り焼きもかぶりつきたいわ~」87歳と90歳の会話と思うとすごい。

 そういえば数日前長寿の代名詞きんさんぎんさんの娘さんが長女から4女までそろってTVに出ていて「お肉を食べないかんわ~野菜ばっかりではひょろひょろになってまうで、フライドチキンが好物だで」といっていたのを思い出し、おんなじだ!!

 そういう母のリクエストで3日までのメニューはすき焼き、鶏の照り焼き(ケンタッキーになるかも)、餃子などを用意させていただきます。

 おせちは今年初めてデパートにオーダーしさっき届きました。今までよく作ってきたなと思うほど材料を買わなくていいのは楽!

 母の部屋のソファでハナとべったり二人だけの時間を過ごしております。母とハナのふれあいをみて今年私たちのたどり着いたホームという選択肢もよかったのかもと思えるのでした。

 今年もあと6時間ちょっと、みなさま本当にいろいろありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えください、2011年が皆様にとって健やかな年になりますよう心からお祈りしています。

写真:飛鳥Ⅱのスイート、このお部屋で世界一周一人2500万也、高いのか安いのかわかりませ~ん


 

hana_midori at 17:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年12月24日

クリスマスイブは筋肉痛

b65b76c8.jpg 昨日履いていたブーツのせいか、朝起きたらふくらはぎがかなりの筋肉痛。ちょうど今日は一年分の自分へのご褒美でロミロミマッサージを予約してありたすかりました。

 いまからTVで小田和正さんのクリスマスの約束2010です。2010は2009のクリスマスの約束のおかげで私たちに大きなシフトが起きた1年でありました。

 私が私たちに、その輪が広がっていくことを願って!ライブを楽しみます。

写真:飛鳥Ⅱの船内

hana_midori at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月19日

忘年会つづき

521bf7a9.jpg 今年何回目か?の忘年会から帰宅しました。顧問先の企業様が経営幹部の方がたの忘年会に毎年顧問チームの専門家の私たちを招いてくださるのです。

 この厳しい環境にも屈することなく皆さんのまごころがひとつになって増益という結果を出されました。現場でがんばる社員さんにほんとうに脱帽ですし尊敬です。

 1年の終わりに大いに笑った会となりました。K社ののみなさまありがとうございました!!

明日から連日忘年会です、心はうきうき♪胃腸はビクビク

写真:飛鳥Ⅱ

hana_midori at 22:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年12月12日

日曜のブランチ~カブのスープ

74fa2d70.jpg カブに惹かれるのは私だけでしょうか・・・つぃつい買ってしまいます。

昨日買った大きなカブをひとりでどうしようかと思っていたところスープにすれば大量に食べられると思い立ち朝からカブのスープを作りました。

 カブとジャガイモとカブの葉の食感に違いがあって味わうのが楽しいスープに仕上がりました。メゾンカイザーのパンとの相性もよく、日曜の朝こんなにゆっくりしたのはいつ以来?と思うほどでした。

 写真右上はハナの常備食、焼き芋です。

hana_midori at 23:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)